組織・メンバー

精密制御反応場を創出するための基本戦略として、今まで二次的役割として軽視されがちであった反応活性点近傍の立体構造・電子 状態を自在に制御し、新反応の発見や従来達成が困難とされてきた高難度かつ有用な物質変換反応の達成を目指して、次の四班を構成 します。

総括班(実施グループ)

領域代表
A04班長
真島 和志 Kazushi Mashima
大阪大学大学院基礎工学研究科・教授
共同研究担当
A01班長
野崎 京子 Kyoko Nozaki
東京大学大学院工学系研究科・教授
広報担当
A02班長
岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
東京工業大学大学院理工学研究科・教授
事務局担当
A03班長
林 高史 Takashi Hayashi
大阪大学大学院工学研究科・教授
国際化担当 中尾 佳亮 Yoshiaki Nakao
京都大学大学院工学研究科・教授
広報担当 松永 茂樹 Shigeki Matsunaga
北海道大学大学院薬学研究院・教授
国際化担当 荘司 長三 Osami Shoji
名古屋大学大学院理学研究科・准教授

総括班(評価グループ)

岩本 正和 Masakazu Iwamoto
中央大学研究開発機構・機構教授、東京工業大学・名誉教授、北海道大学・名誉教授
大嶌 幸一郎 Koichiro Oshima
京都大学・副学長、京都大学大学院総合生存学館・特定教授
茶谷 直人 Naoto Chatani
大阪大学大学院工学研究科・教授
檜山 爲次郎 Tamejiro Hiyama
中央大学研究開発機構・機構教授、京都大学・名誉教授
福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
名城大学理工学部・特任教授、梨花女子大学・特別教授、大阪大学・名誉教授
丸岡 啓二 Keiji Maruoka
京都大学大学院理学研究科・教授
山口 雅彦 Masahiko Yamaguchi
東北大学大学院薬学研究科・教授
渡辺 芳人 Yoshihito Watanabe
名古屋大学理事・副総長

A01班:高難度有用物質変換反応の開発

計画班

  • 野崎 京子 Kyoko Nozaki(東京大学大学院工学系研究科・教授)
    二酸化炭素有効利用に向けた高難度触媒反応開発
  • 水野 哲孝 Noritaka Mizuno(東京大学大学院工学系研究科・特任教授)
    高難度選択酸化反応のための高機能分子触媒の開発
  • 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi(東京大学大学院工学系研究科・教授)
    窒素分子及び水素分子の新しい変換反応の開発
  • 中尾 佳亮 Yoshiaki Nakao(京都大学大学院工学研究科・教授)
    不活性結合活性化による高難度精密有機合成反応の創出

公募班

  • 徳山 英利 Hidetoshi Tokuyama(東北大学大学院薬学研究科・教授)
    生体模倣型フタロシアニン金属触媒の精密設計を基盤とする高難度空気酸化の開発と応用
  • 岩渕 好治 Yoshiharu Iwabuchi(東北大学大学院薬学研究科・教授)
    キラルAZADO-Cu協奏触媒の精密制御に基づく高エナンチオ選択的アルコール酸化
  • 森 聖治 Seiji Mori(茨城大学大学院理工学研究科・教授)
    高難度高選択的物質変換反応の計算化学・情報科学的解析
  • 市川 淳士 Junji Ichikawa(筑波大学数理物質系・教授)
    フッ素脱離過程を基盤とする炭素-フッ素結合の活性化と分子変換
  • 網井 秀樹 Hideki Amii(群馬大学大学院理工学府・教授)
    精密制御反応場が切り拓くフルオロカーボンの触媒的変換
  • 大木 靖弘Yasuhiro Ohki(名古屋大学大学院理学研究科・准教授)
    二核有機金属錯体反応場の構築と高難度還元反応への応用
  • 斎藤 進 Susumu Saito(名古屋大学大学院理学研究科・教授)
    精密水素移動場を用いるワンポット連続反応の制御に基づく非天然ペプチド骨格の多様化
  • 倉橋 拓也 Takuya Kurahashi(京都大学大学院工学研究科・准教授)
    ニッケル錯体のスピンクロスオーバーが切り開く触媒反応
  • 依光 英樹 Hideki Yorimitsu(京都大学大学院理学研究科・教授)
    アート錯体の精密制御によるヘテロ芳香環の開環と原子挿入
  • 藤田 健一 Ken-ichi Fujita(京都大学大学院人間・環境学研究科・教授)
    再生可能な有機資源を活用する脱水素ならびに水素移動過程に基づく高難度分子変換
  • 鳶巣 守 Mamoru Tobisu(大阪大学大学院工学研究科・教授)
    カルボニル化合物の脱カルボニル化・脱炭酸反応によるフラグメントカップリング
  • 西形 孝司 Takashi Nishikata(山口大学大学院創成科学研究科・准教授)
    芳香族近傍ラジカル反応場構築による高難度アルキル化反応開発
  • 矢崎 亮 Ryo Yazaki(九州大学大学院薬学研究院・助教)
    化学選択的立体障害型クロスカップリング反応の開拓
  • 内田 竜也 Tatsuya Uchida(九州大学基幹教育院・准教授)
    分子状酸素活性化を活用した高立体選択的酸化反応の開発
  • 木村 正成 Masanari Kimura(長崎大学大学院工学研究科・教授)
    ホスフィン-ボラン配位子の特性を活用した機能性物質創製の開発
  • 佐藤 哲也 Tetsuya Satoh(大阪市立大学大学院理学研究科・教授)
    多孔質反応場を利用したカルボン酸類の触媒的変換法の開発
  • 河内 卓彌 Takuya Kochi(慶應義塾大学理工学部・准教授)
    精密反応場を利用したチェーンウォーキングを経る不活性炭素-水素結合の不斉官能基化
  • 山口 潤一郎 Junichiro Yamaguchi(早稲田大学理工学術院・教授)
    芳香族化合物の触媒的官能基転位反応の開発
  • 熊谷 直哉 Naoya Kumagai(微生物化学研究所・主席研究員)
    B3NO2型特殊反応場を駆使する重要触媒反応群の開発
  • イリエシュ ラウレアン Laurean Ilies(理化学研究所・チームリーダー)
    Triphosphine ligand-enabled iron catalys

A02班:精密制御金属錯体反応場の創出

計画班

  • 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa(東京工業大学理学院・教授)
    多座配位子の創出に基づく金属錯体反応場の構築と新反応開発
  • 澤村 正也 Masaya Sawamura(北海道大学大学院理学研究院・教授)
    固相担持法による高活性遷移金属錯体触媒の創製
  • 松永 茂樹 Shigeki Matsunaga(北海道大学大学院薬学研究院・教授)
    精密多点制御を実現する触媒反応活性点の設計と有用物質変換への応用
  • 生越 專介 Sensuke Ogoshi(大阪大学大学院工学研究科・教授)
    高活性容積可変反応場での分子変換反応

公募班

  • 吉田 和弘 Kazuhiro Yoshida(千葉大学大学院理学研究科・准教授)
    面不斉アミノメタロセニルカルベン金属錯体触媒の開発
  • 荒井 孝義 Takayoshi Arai(千葉大学大学院理学研究院・教授)
    複合金属反応場を用いる高次立体制御触媒の創製
  • 生長 幸之助 Kounosuke Oisaki(東京大学大学院薬学系研究科・講師)
    ラジカル共役型錯体触媒を用いるC-Hクロスカップリング法の開発
  • 砂田 祐輔 Yusuke Sunada(東京大学生産技術研究所・准教授)
    金属・隣接反応場の協奏作用を基軸とする高難度分子変換
  • 小池 隆司 Takashi Koike(東京工業大学科学技術創成研究院・助教)
    高難度分子変換を指向したフォトレドックス触媒システムの開発
  • 稲垣 冬彦 Fuyuhiko Inagaki(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・准教授)
    精密な反応場空間の制御に基づく新規Z型配位子含有金属錯体の設計と触媒反応の開発
  • 芝原 文利 Fumitoshi Shibahara(岐阜大学工学部・准教授)
    含アクセプター性NHC配位子を用いる新反応場の創成
  • 三宅 由寛 Yoshihiro Miyake(名古屋大学大学院工学研究科・准教授)
    電子受容性π共役骨格を持つ遷移金属錯体触媒を用いた電子移動型変換反応の開発
  • 北村 雅人 Masato Kitamura (名古屋大学大学院創薬科学研究科・教授)
    fac型配位に構造制御されたルテニウム錯体を触媒に用いるエステル類の選択的水素化
  • 竹本 真 Shin Takemoto(大阪府立大学大学院理学系研究科・准教授)
    メタロリガンドの特異な機能創出に基づく高難度分子変換法の開発
  • 神川 憲 Ken Kamikawa(大阪府立大学大学院理学系研究科・教授)
    面不斉ハーフメタロセン錯体を基盤とする精密キラル反応場の創出
  • 五月女 宜裕 Yoshihiro Sohtome(理化学研究所・専任研究員)
    金属中心キラリティー内包型錯体が構築する多点不斉反応場の理解と制御
  • 中島 裕美子 Yumiko Nakajima(産業技術総合研究所・主任研究員)
    高度に電子豊富な低スピン鉄反応場の構築と不活性結合の切断
  •         

A03班:精密制御生体分子反応場の創出

計画班

  • 林 高史 Takashi Hayashi(大阪大学大学院工学研究科・教授)
    タンパク質キャビティーを反応場として駆使する新触媒の創製
  • 長谷川 淳也 Jun-ya Hasegawa(北海道大学触媒科学研究所・教授)
    生体触媒反応場の精密制御に資する理論計算手法の開発と応用
  • 荘司 長三 Osami Shoji(名古屋大学大学院理学研究科・准教授)
    外部添加因子による生体触媒反応場の制御と高難度物質変換
  • 山口 浩靖 Hiroyasu Yamaguchi(大阪大学大学院理学研究科・教授)
    モノクローナル抗体に遷移金属錯体を導入した新規ハイブリッド触媒の創製

公募班

  • 久枝 良雄 Yoshio Hisaeda(九州大学大学院工学研究院・教授)
    反応場を意識したバイオインスパイアード触媒の構築と反応特性
  • 藤枝 伸宇 Nobutaka Fujieda(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科・准教授)
    タンパク質を多能性配位子とした精密制御反応場の創出
  • 人見 穣 Yutaka Hitomi(同志社大学大学院理工学研究科・教授)
    金属錯体の生体分子への精密固定化を基軸とする精密制御生体分子反応場の創出

A04班:精密制御巨大分子反応場の創出

計画班

  • 真島 和志 Kazushi Mashima(大阪大学大学院基礎工学研究科・教授)
    金属間相乗作用を活かした多核金属クラスター反応場の創出
  • 石原 一彰 Kazuaki Ishihara(名古屋大学大学院工学研究科・教授)
    超分子反応場による立体選択性制御法の開拓
  • 杉野目 道紀 Michinori Suginome(京都大学大学院工学研究科・教授)
    らせん高分子を用いた新キラル反応場の創出

公募班

  • 橋本 卓也 Takuya Hashimoto(千葉大学大学院理学研究院・特任准教授)
    マクロサイクルを不斉反応場とするラジカル触媒の開発
  • 本倉 健 Ken Motokura(東京工業大学物質理工学院・准教授)
    固体表面への機能集積による有機分子触媒反応の高効率化
  • 井上 将彦 Masahiko Inouye(富山大学大学院医学薬学研究部・教授)
    糖認識性大環状分子と触媒部位の連結による大環状触媒の創成と糖鎖の連続誘導化
  • 逢坂 直樹 Naoki Ousaka(名古屋大学大学院工学研究科・講師)
    不斉ナノ空間を有する超分子型不斉反応場の創製
  • 藤原 哲晶 Tetsuaki Fujihara(京都大学大学院工学研究科・准教授)
    周辺部精密修飾カルボン酸を配位子として用いる高難度分子変換反応の開発
  • 浅野 圭佑 Keisuke Asano(京都大学大学院工学研究科・助教)
    水素結合ネットワークに基づく精密環化反応場の設計
  • 有澤 光弘 Mitsuhiro Arisawa(大阪大学大学院薬学研究科・准教授)
    in-situナノ空間制御法を基盤とする機能性分子合成用金属ナノ粒子触媒の創製
  • 原 賢二 Kenji Hara(東京工科大学工学部・教授)
    固体表面上における金属錯体の精密固定化による高機能化触媒の創製
  • 椴山 儀恵 Norie Momiyama(分子科学研究所・准教授)
    ハロゲン結合を基盤とする有機分子触媒の高分子固定化とキラル反応場の創成

アカデミック班友

  • 山元 公寿 Kimihisa Yamamoto(東京工業大学資源化学研究所・教授)

企業支援班

  • アステラス製薬株式会社
  • 広栄化学工業株式会社
  • 三洋化成工業株式会社
  • 住友化学株式会社
  • 第一三共株式会社
  • 株式会社ダイセル
  • 高砂香料工業株式会社
  • 株式会社トクヤマ
  • 株式会社豊田中央研究所
  • 株式会社日本触媒
  • 日本農薬株式会社
  • 富士フイルム株式会社
  • 三井化学株式会社
  • 株式会社三菱化学科学技術研究センター
  • 三菱ケミカル株式会社

国際アドバイザー

  • Theodor Agapie (California Institute of Technology, United States)  
  • Jean-François Carpentier (Université de Rennes 1, France)
  • Sukbok Chang (KAIST, Korea)
  • Chien-Hong Cheng (National Tsing Hua University, Taiwan)
  • Paul J. Chirik (Princeton University, United States)
  • Christophe Coperet (ETH Zürich, Switzerland)
  • Deryn Fogg (University of Ottawa, Canada)
  • Alois Fürstner (Max-Planck-Institut für Kohlenforschung, Germany)
  • John Hartwig (University of California, Berkeley, United States)
  • Amir H. Hoveyda (Boston College, United States)
  • Jerzy Klosin (Dow Chemical Company)
  • Ruben Martin (Institute of Chemical Research of Catalonia, Spain)
  • Philip Mountford (Oxford University, U.K.)
  • Jun Okuda (RWTH Aachen University, Germany)
  • Gerard Roelfes (University of Groningen, Netherlands)
  • Thomas Ward (University of Basel, Switzerland)
  • Qi-Lin Zhou (Nankai University, China)