領域概要

領域代表:真島 和志
(大阪大学大学院基礎工学研究科・教授)

有機合成化学は、創薬科学、材料科学、高分子科学などの物質科学を支える基盤科学技術であり、経済的にも見合うレベルで有用化合物を安定供給すること、そして新しい機能・生理活性を有する新規化合物を創製することが求められています。本研究領域は、可能な限り入手容易で安価な原料利用(例:炭化水素を直接利用する合成反応)、枯渇性資源非依存型の物質変換反応(例:CO2、O2、N2を利用する反応)、環境負荷軽減(例:廃棄物ゼロの高原子効率反応や省エネルギー反応)等の高難度有機合成反応の開発を目指します。そのためには、下図に示すように「反応活性点のみならず、反応活性点と反応に密接に関わるその周辺領域を合わせた『反応場』の検討が極めて重要であり、遷移金属錯体反応場、生体反応場、固体表面反応場等を駆使した革新的な触媒開発が鍵を握っています。本研究領域では特に反応活性点周辺領域に新たに設計した反応性制御部位、基質活性化部位、選択性制御部位等を精密かつ自在に構築することにより、独創的な反応場(高機能・高活性・高選択性触媒)の創出を目指します。

本領域では、下図に示すように、A01班が新反応開発の中心に位置し、高分子化学、有機金属化学、生体関連化学、固体触媒化学に立脚した反応場を用いて高難度物質変換反応の開発に挑戦します。A02班、A03班、A04班では、金属錯体反応場、生体分子反応場、巨大分子反応場の種類ごとに研究目標を設定し、独創的な反応場の開発を行うとともに、共同研究を通じて、新しい反応場による新反応の開発に取り組みます。それにより、持続可能な社会へ貢献することを目標としています。